男性の健康

男性の健康


男性の多くは自分だけは決して病気になどならないと、過信しすぎている傾向にあると思います。

普通に生活していると健康のありがたみにはなか気づきにくいもの。

知らない間に病魔は体を蝕んでいきます。

そうならないためにも毎日規則正しい生活を送ることが大事です。

煙草やお酒は百害あって一利なしとも言います。

しかし一度ついてしまった習慣はそうそう簡単にやめられるものではないでしょう。

これからでも遅くはないので、明らかに過ぎると思われる人は徐々にその量を減らすことから始めてみてはいかがでしょうか。

男性の健康

男性ホルモン


男性ホルモンには筋肉の形成など、男性らしさを形成するさまざまな働きがあります。

男性ホルモンはさまざまな物質により成り立っています。

なかでもテストステロンは男性ホルモンの働きに大きく影響を及ぼすといわれています。

テストステロンは環境変化や、体調の状態についての情報を、脳から命令として受けて動きます。

簡単に言えば、女性ホルモンが女性らしい体を作る物質だとすれば、男性ホルモンは男らしい体をつくるものです。

男性ホルモンは副腎の部分や睾丸(精巣)などで作られます。

この分泌物質は別名アンドロゲンとも呼ばれることもあり、構成される物質は大半がテストステロン、そのほかにアンドロステネジオン、デヒドロエビアンドロステロンなどがあります。

男性ホルモンの多くを担っているテストステロンには、多くの特徴があります。

男性らしい体つきをつくる作用、皮脂腺からでる脂汗の皮脂をつくる作用、体毛を濃く増やす作用、たんぱく質を筋肉などに変換する作用、性欲をアップさせる作用などです。

男性の健康

更年期障害


女性特有のものと思われている更年期障害ですが、実は男性にもあるのをご存知ですか?

男性には閉経のようなはっきりした体の変化が現れない上に、個人差が大きいことなどが男性の更年期障害の症状を分かりにくくしています。

男性の更年期障害は加齢による男性ホルモンの低下が発症に大きく関わっていることが近年わかってきました。

また、仕事上のストレス、最近注目されているメタボリック症候群、運動不足なども間接的要因として挙げられます。

男性ホルモンの分泌量が減少してくると集中力や意欲が低下し、筋肉も弱くなります。さらに排尿機能や男性機能も衰えてきます。

また、心身症的反応による不定愁訴などの症状もあります。

男性の健康

成人男性のカロリーとダイエット

体重によっても違ってきますが、、一般的な成人の摂取カロリーの目安は、だいたい1800kcal〜2200kcal前後です。

健康であるということは内面的なものだけではなく、外見や精神的にも豊かでなければなりません。

運動不足による肥満は健康の大敵であるといえます。

最近では外食の場でもメニューにカロリー表示があるところが増え、
ダイエットの関心の高さを表しているといえます。

ダイエットする上でカロリーのコントロールは、大切です。

極端にカロリーを抑えたダイエットは危険を伴うからです。

摂取カロリーを減らしたいがために、ローカロリーの食品しか食べないといったダイエットでは、栄養のバランスが悪くなり、大きなリスクを伴います。

このようなダイエットを続けると貧血・肌荒れ・抜け毛のなど、不健康な症状が出て、疲れやすくなります。

人が生きていくうえで最低限必要なエネルギー(カロリー)や栄養素はきちんと摂らなければいけません。

栄養のバランスを考えた食事を心がけ、それに合わせて、カロリーのコントロールをすることが大切です。

男性の健康

メタボリック症候群


ここ数年で認知度の上がったメタボリック症候群。

メタボリック症候群とは、内臓脂肪型の肥満によって、生活習慣病やその他の疾患にかかりやすくなった状態をいいます。

簡単にいえば、あらゆる病気の予備軍といった状態のことです。このメタボリック症候群の人は、健常者と比べて、糖尿病で5倍、脳卒中では4倍もの発症リスクがあるとされています。

メタボリック症候群は、中年男性に多く、2人に1人がメタボリック症候群に該当するとされています。

これに比べ女性は5人に1人と少ないです。また最近では、子供のメタボリック症候群も増えているそうです。

  1 2  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。